1. ホーム
  2. イベントに参加する
  3. 短編小説コンテスト

短編小説コンテスト

大募集!

「愛知県津島市」を舞台とした「短編小説」!(受賞作品の映像化を予定)

募集概要

津島神社、天王祭など、定番の資源はもちろん、あまり知られていない魅力的な場所や日頃見かける町並み・小路・公園など自分だけのお気に入りのヒト・モノ・コト。そんな津島の魅力が描かれた「短編小説」をお待ちしています。

最終選考委員 委員長 堀田あけみ(作家・大学教授)
清水義範(作家)
清水良典(文芸評論家)
熊澤尚人(映画監督・脚本家)
木全純治(映画館支配人)
副賞 大賞(1編)30万円
佳作(1編)10万円
奨励賞(2編)5万円分 図書カード ※高校生以下の方のみ
応募締切 平成30年10月31日(水)
郵送:消印有効
専用WEBサイト・メール:必着

募集内容

応募資格 不問です。
募集作品 次の①~③に該当する短編小説とします。日記、エッセイ、評論、また映画や演劇等のシナリオは不可とします。
  1. 津島市を舞台とした作品であること。
    ※津島市内の地名や場所が読者に分かる内容としてください。
  2. 日本語、縦書きで1頁あたり20字×20行で12枚から20枚の作品であること。
    ※パソコン等で作成する場合は、下記よりパソコン用原稿用紙をダウンロードして使用してください。
    ※手書きの場合は、400字詰原稿用紙を使用してください。
  3. 応募者が創作した未公表の作品であること。
    ※作品中に別の著作物等が含まれる場合には、著作権者等の許諾を得たうえで、その旨を作品の欄外等に記載してください。
提出様式 次の①~③のとおりご提出ください。
  1. メール・郵送の場合は作品原稿とは別に応募票を添付。
    ※応募票は、下記の応募票(メール・郵送用)よりダウンロードするか、チラシの応募票を使用してください。
  2. 1頁目の原稿用紙欄外や余白等に作品タイトルを、また全ての原稿に頁数を明記。
    ※名前など、作品タイトル及び頁数以外の事項は、一切記載しないでください。
  3. 原稿・応募票ともにA4規格の用紙を使用。
    ※郵送の場合は、ホッチキスや紙紐などで綴じないでください。ただしゼムクリップは可。
応募方法 下記応募票(WEB用)での応募、または下記応募先へメール(原稿データ添付)、郵送のいずれかでご応募ください。
応募期間は、平成30年7月2日(月)から10月31日(水)までです。
※郵送での応募は消印有効、その他での応募は必着となりますので、日にちに余裕をもってご応募ください。
※同一作品を複数の方法で同時に応募しないでください。
※作品の到着確認に対するお問い合わせにはお答えしかねますので、応募者ご本人で作品到着の確認ができる手段でご応募ください。
選考 一次選考で選出された作品を対象に、最終選考委員5名による最終選考委員会を開催し、受賞作品を選出します。
発表 平成31年1月頃、ホームページに掲載及び受賞者に通知します。
受賞作品をまとめた作品集を制作し、市内施設等で配布するほか、ホームページに掲載します。
表彰式 平成31年3月上旬 津島市内
※日時は決まり次第お知らせします。
諸権利等 受賞作品の著作権等諸権利は主催者の津島市に帰属するものとします。応募作品の返却はいたしません。
応募先・お問い合わせ先 (一社)にぎわい創出機構OSHI(オシ)
住 所:〒496‐0807 愛知県津島市天王通り1丁目21番地
メール:novel@oshi.or.jp
電 話:0567-26-5700(午前10時~午後3時 火・水曜日定休)

募集チラシ

パソコン用原稿用紙

応募票(メール・郵送用)

ワード版のデータになります

PDF版のデータになります

応募票(WEB用)

2017年の受賞作品

作品集

大賞

作品名 結衣公記
応募者 仲手川 純一
居住地 津島市
あらすじ 高校生の結衣は「信長公記」を読んで「信長が津島の堀田道空邸で女装コスプレしてダンスした」という故事を文化祭で再現しようとする。

佳作

作品名 帰郷
応募者 中村 浩史
居住地 名古屋市
あらすじ DV(ドメスティック・バイオレンス、家庭内暴力)に耐えられず夫を殺した「私」は5年の刑期を終え、故郷である津島に帰ってくる。そこで、ずっと音信不通だった娘からの手紙を受け取る。

2016年の受賞作品

作品集

大賞

作品名 ダナモさん
応募者 寅間 心閑
居住地 東京都
あらすじ 別れた男を追って東京から津島に引っ越してきた「私」は、働き始めた居酒屋の客「ダナモさん」に段々と惹かれていく。

佳作

作品名 天王通りの喫茶店が売られる日
応募者 鷲尾 裕二
居住地 三重県
あらすじ 主人公と交流があった天王通りの喫茶店主のおばさん。その喫茶店を売ることになった一日に、主人公がいろんなことを思い巡らす。
作品名 大きな金魚
応募者 舛田 順一
居住地 香川県
あらすじ 香川県で育った孤児の主人公が、出張に行った津島市で津島神社のお守りと尾張津島天王まつりの宵まつりの巻藁舟をトリガーに偶然に生みの母に会える。